ヤミ金融相談解決室長

ヤミ金融相談の解決法

   5月 31

ヤミ金融の意味と闇金被害に関してと闇金解決方法

闇金融というのは法律の外で違法な経営でお金を貸し出す金融業者です。本来は借りても返す必要のないお金ですが、弱味を握られているなか支払ってしまい返済に困ってしまっている人もたくさんいます。しかし何も対策をしないでいると、延々と高い返済をしなければいけないことになってしまいます。闇金被害は家族などに知られてしまうことを恐れる余りに延々と支払い続けてしまうこともあります。闇金被害にあわないようにするには、闇金からお金を借りないようにするのが大事です。どのような業者が闇金融なのか提供してくれているサイトがあります。そこできちんと把握しておくことがまず大事なポイントです。しかしどうしようもなくなってしまった場合は、専門家に相談していくことが大事です。闇金解決専門の法律事務所は、インターネットなどですぐ検索出来ます。いろいろな事例に精通していますので、相談してみることが大事です。闇金被害にあっているとお金がなくて、専門家に払うお金の心配のために相談をためらってしまう可能性もあります。しかし闇金解決のための報酬は成功報酬である場合が多いです。ですからお金の心配はしなくても大丈夫な場合がほとんどです。闇金融は違法な経営ですから、法律家に相談するだけでほとんど解決の方向に向かっていくことが出来ます。専門家に依頼することで電話などの取り立てもなくなりますし、精神的に追い詰められることもなくなります。また逆に払いすぎたお金が戻ってくる可能性もあります。かなり長期にわたって支払っていた場合は、過払い金が戻ってくる場合がほとんどです。なかには払ったお金のかなりの部分が戻ってくる場合もあります。闇金解決は個人では非常に難しい問題ですので、きちんとした専門家にお願いすることが大事です。評判のいい法律家に相談することで事態はいい方向に向かっていきますが、なかにはヤミ金と結託している場合もあるので、きちんと確認して依頼することが大事です。ヤミ金の対策には弁護士・司法書士への相談が効果的です!


   5月 31

過払い金請求で過払い金を取り戻すなら法律事務所の過払い請求

過払い金請求をすれば、過払い金を取り戻すことができます。
一度でも借りたことがあれば、取り戻せる過払い金があるかもしれませんから、試しに過払い金請求をしてみましょう。
試しにしてみたら、過払い金請求で過払い金を取り戻せるかもしれません。
過払い金請求のやり方は、弁護士に過払い請求を相談するのが一般的です。
自分で過払い金請求を行うこともできますが、法律の知識や手間が必要です。
過払い金が取り戻せるまで時間もかかりますから、弁護士に過払い請求の相談をするのがベストな方法でしょう。
弁護士に相談すると、高額な料金が必要です。
しかし、過払い請求の場合は、多くの法律事務所で無料相談をしています。
無料相談だと、料金は一切必要ありません。
弁護士に対する報酬は、過払い請求で取り戻せた過払い金の中から、支払うことができます。
高額な相談料金を用意する必要がありませんから、過払い請求をするなら、法律事務所の無料相談に行きましょう。


   5月 31

過払い金を取り戻す過払い金請求と過払い請求

現在も利息を多く払い過ぎている人は多いです。利率は元本が10万円未満の場合は年20%まで、元本が10万以上100万未満の場合は年18%まで、元本が100万円以上の場合は年15%までとなっており、これを超えて支払った利息は過払い金請求や過払い請求が出来ます。過払い金請求とは借金の返済が未完了の時点で払い過ぎた利息を元本から差し引いてもらうことです。過払い請求とは基本的に借金の返済が完了し、契約終了後に行って過払い金を返済してもらうことです。どちらも任意整理でないかぎり信用情報に記録が残らないので安心です。個人でも請求可能ですが、経験豊富な弁護士事務所や司法書士事務所に相談したほうが適切な対応をしてもらえます。法律は目まぐるしく変化していますので個人で請求するのは難しいのが現状です。消費者金融からの借入金でも過払い金は発生します。一度過払い金がないかよく確認するのがいいでしょう。過払い金請求や過払い請求で人生の再出発が出来ることになります。


   5月 31

過払い金の返還を求めて通常の過払い請求を行い債権者に拒否されたら過払い金請求裁判

法定金利を超えた金利で債務の返済を続けていた場合、債権者に対して過払い金請求が出来る可能性があります。この場合の過払い金というのは、払っていた利息すべてではなく、あくまでも利息の一部です。というのは、利息を取っていたこと自体は法律違反ではなく、法定金利を超えた利率で利息を取っていたことが問題なのであり、超えた分の利率に基づく利息が過払い金の対象になるからです。
過払い請求を行う方法ですが、弁護士に依頼して、まずは通常の形で過払い金を支払ってほしいと債権者に対して連絡をします。そういった過払い金請求ですんなりと返還されれば、そこで過払い請求は終了です。
ただ、債権者が過払い請求をされても支払いに応じないというケースも少なくありません。また、一部の過払い金は返還するが、全部は無理と言ってくる場合もあります。そういう場合、あくまでも全額返還を求めるのであれば、過払い金請求裁判を起こすということになります。


   5月 31

過払い金に関する過払い金請求は過払い請求の案件を専門とする弁護士に任せるのが良い

いつも時代でも人はお金に困ると貸金業者に救いの手を求めてきました。しかし、平成22年以前にはこうしたニーズを受けて貸金業者が20パーセントを超える利息を取っている状況が当たり前になっていました。ですがその後、利息制限法が成立し、年利は15パーセントから20パーセントの範囲内で収めることが義務づけられました。

こうして20パーセントの枠組みを超えて払い過ぎた利息というものは、過払い金、つまり納め過ぎたお金として貸金業者から返還してもらうことが可能となります。これが過払い金請求です。こうして過去の過払い金に対して過払い請求を行うのは個人でも充分に可能ですが、しかしながら個人の力だと書類の作成などが難しいもの。そこで弁護士に依頼して過払い金請求を代行して行ってもらうのが一般的となっています。こうして過払い請求してもらうことで煩雑な手続きも請け負ってもらえて、なおかつ貸金業者に対しても正当な過払い金請求を行うことができるのです。

こうして過払い請求することで過払い金が得られ、これまで抱えていた借金が相殺されたり、あるいはゼロになったりすることで、生活は随分と楽になることでしょう。